補助金を使って窓リフォーム♪

今年は過去最大級のリフォーム補助金が出ることをご存じでしょうか?

このリフォーム補助金の中でも、窓リフォームには最大200万円の補助金が出ます。

また、簡単な工事で断熱性などの効果が大きく出やすいのが窓リフォームです。

 住宅省エネ2024キャンペーンについての記事へ

 

そこで今回は窓リフォームのメリットをご紹介したいと思います。

夏は涼しく冬は暖かい

窓は家の中でも熱の出入りが最も大きいと言われており、冬は約5割、夏は約7割もの熱が窓から外へ逃げて行きます。

熱の出入りの大きい窓を窓リフォームすることで、夏は涼しく冬は暖かい家になります。

2. 光熱費が安くなる

室外の冷気をしっかりカットすることで、エアコンの効きがよくなり、使う時間も少なく済み、光熱費を節約することが可能です。

3. 健康な暮らしに変化する

  寒い季節は暖房を使うことで、窓ガラスに結露が発生してしまいます。窓を断熱化することによって外の気温が伝わりにくくなり、結露を防ぐことができます。

  結露を防ぐことはカビやダニを防ぐことにもなり、アトピーや喘息などの疾患の予防になります。

  また、部屋間の温度差を少なくすることによって心臓に負担がかからず、ヒートショックの予防にもなります。

4. 防犯になる

戸建住宅への泥棒は半数以上が窓から入ったという統計があります。

また、5分以内に住宅へ侵入できなければほとんどは諦めると言われています。

内窓をつけることで鍵も2重になり、補助錠付きや防犯ガラスを選べば、さらに狙われにくい窓になります。

 

また、インテリアに合わせてサッシの色を選べたり、家の内外部の騒音が漏れにくくなったり、より快適な室内へと変化させることができます。

 

今年の補助金を活用して、窓リフォームについて一緒に考えてみませんか?

 6月22日(土)23日(日)の相談会についてはこちら

随時開催中の家づくり相談会へはこちら

 

1ページ (全7ページ中)