屋根のカバー工法

屋根にも寿命があり、塗り替えや葺き替えなど、定期的なお手入れが必要です。

築10年で検討したいのが「塗り替え」、築20~30年で検討したいのが「葺き替え」です。

でも、古い屋根をはがして新しい屋根材に取り替える「葺き替え」をしょうとすると、大がかりで工期も長くなります。

 

そこで、屋根にもカバー工法があるってご存知ですか?既存の屋根の上に新しい屋根材を重ねる方法です。

工期が短く費用も抑えられ、既存の屋根を撤去しないため、住みながら工事できます。

騒音もゴミも少なく、処分費も抑えられるため、低コストで済みます。また、屋根が二重になるので、遮音性や断熱性も上がります。

ただ、屋根が二重になると重くなるので、建物の耐震性と古い屋根の傷み具合をしっかり確認することが重要です。

 

UKENまでお気軽にご相談下さい。

-UKEN-

1ページ (全6ページ中)