住宅省エネ2024キャンペーンの補助金でお得にリフォームしよう♪

 

住宅省エネ2024キャンぺーン

住宅省エネ2024キャンペーン」は、2050年カーボンニュートラルの実現に向け、家庭部門の省エネを強力に推進するため、住宅の断熱性の向上や高効率給湯器の導入等の住宅省エネ化を支援する4つの補助事業の総称です。

昨年は「住宅省エネ2023キャンペーン」が経済産業省、国土交通省、環境省の3省連携によって行われましたが、2023年11月10日に令和5年度補正予算案に組み込まれることが決定し、2024年度も継続となりました。

(2023年11月2日以降に着工・改修したものが補助対象)

① 子育てエコホーム支援事業

② 先進的窓リノベ2024事業

③ 給湯省エネ2024事業

④ 賃貸集合給湯省エネ2024事業

このページでは上記①から③について書きたいと思います。

UKENはこれら補助金の申請手続を行える登録事業者です。

子育てエコホーム支援事業

子育てエコホーム支援事業は、エネルギー価格などの物価高騰の影響を受けやすい子育て世帯・若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や、住宅の省エネ改修等に対して支援することにより、子育て世帯・若者夫婦世帯等による省エネ投資の下支えを行い、2050年のカーボンニュートラルの実現を図る事業です。

若者夫婦世帯(夫婦のいずれかが39歳以下)や子育て世帯(18歳未満の子を有する)における新築物件の購入や既存住宅の省エネ改築を目的とした事業で、実質的に2023年の「こどもエコすまい支援事業」の後継事業となります。

但し、下記については補助額が変わりますのでご注意下さい。

①市街化調整区域
②土砂災害警戒区域又は浸水想定区域(洪水浸水想定区域又は高潮浸水想定区域における浸水想 定高さ3m以上の区域をいう。)

 

先進的窓リノベ2024事業

先進的窓リノベ2024事業は、断熱窓への改修を促進し既存住宅の省エネ化を促すことで、エネルギー費用負担の軽減、健康で快適なくらしの実現及び家庭からのCO2排出削減に貢献するとともに、断熱窓の生産効率向上による関連産業の競争力強化と成長を実現させることを目的とする事業です。

正式名称は「断熱窓への改修促進等による住宅の省エネ・省CO2加速化支援事業」。先進的窓リノベ事業2023の後継事業です。

給湯省エネ2024事業

給湯省エネ2024事業は、家庭のエネルギー消費で大きな割合を占める給湯分野について高効率給湯器の導入支援を行い、その普及拡大により「2030年度におけるエネルギー需給の見通し」の達成に寄与することを目的とする事業です。

正式名称は「高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金」。給湯省エネ事業の後継事業です。

この機会に補助金でお得にリフォームしてみませんか?

補助金は国の予算上限に達するまでですので、お早目にご検討ください。

最新の情報や条件詳細はUKENまでお問い合わせ下さい。